自宅のデータ環境を考える

トップページ > 自宅のデータ環境を考える

パソコンをフルに活用すると必ず問題にあたります。デジタルデータの取り扱いについて。
仮に10年故障が無いというのはまずありえないのではないのでしょうか。
(意外と昔のパソコンはハードディスクが低回転だったり低発熱で故障が少ないように思えますが、、)

私はハードディスクを3つほど飛ばしまして、そのうち一つでかなり痛手を負ったことがあります。

データに保険を掛ける

結局どんなに対策を行っても壊れなければ、対策は無駄になることになります。生命保険や入院保険と一緒ですね。 また考えようによっては、自宅でネットワークを利用してミラーリングを行っている場合、雷直撃で全部飛びます。(パソコンも家電も飛びますが)
バックアップ先と利用しているパソコンが同時にクラッシュという可能性もあるので、完全に安全ということは無いというのは前提ですね。

データのバックアップ

手軽さやお金、重要度で方法を書き出してみました。

  1. 外付けハードディスクに、定期的に丸ごとバックアップ
  2. 外付けハードディスクをさらにミラーリング
  3. 外付けハードディスクを定期的にバックアップ
  4. 本体をミラーリングして、さらに外付けハードディスクを利用する
  5. NASを利用する
  6. RAID機能搭載のNASを利用する
  7. 自作NASを作成する
  8. 自作パソコンをネットワークサーバーにする

予算と手軽さ、あとはデータの安全性を考えて 最善の手段を選択する必要があります。

▲上部へ