アクティブスピーカーのこだわり

トップページ > アクティブスピーカーのこだわり

アクティブスピーカーとは、アンプを内臓したスピーカーのことです。よく店頭ではPCスピーカーのように表示 されます。

主な用途としては、パソコンの音声出力を入力して音を出す、ポータブル機器などのイヤホン端子から音声出力 を入力して音を出すといった感じに利用します。

基本的には、パソコンの音声出力にイヤホンを接続すると音が聞こえます。イヤホンはドライバユニットが小さ いので、少ない電力で音を鳴らすことができますが、さすがに部屋で聞く・スピーカーで聞くといった場合は出 力が足りない。

アクティブスピーカーの中に入っているアンプで、 パソコンなどから出力された微弱な信号を増幅して、スピーカーで音をならして音楽を楽しむという原理。

昔は、メーカー製パソコンなどに付属しているスピーカーは聞くに堪えない、簡易モニター用の位置づけレベル のスピーカーが多くなりましたが、mp3プレーヤーが浸透してきたことや、ある程度こだわりをもつ人が増えた おかげでかなりアクティブスピーカーも高級でよい音を鳴らすものが出てきています。

具体的に予算は10,000円以上のものを選択するとよいとおもいます。また光入力端子が搭載されているほうがパ ソコンとの接続を考えるとメリットがあります。

2.1chを気軽に構築できるのも、アクティブスピーカーのメリットでしょうか。

▲上部へ