ケースにこだわる

トップページ > ケースにこだわる

メーカー製パソコンは、2000年あたりからだいぶリビングにおけるようなデザインのパソコンが増えてきている 。
ここのところが、自作パソコンは弱い。 メーカー製のパソコンも基本的には規格に合ったものを利用しているが、一部電源やファンなどに独自設計のパ ーツを利用している。 デザインにあわせるためにはある程度そのようなことが必要になるが、自作パソコンの場合はさすがにそこまで は出来ない。

また自作パソコンのメインターゲットが、コアなユーザー。 ここで言うところのコアなユーザーというのは、ハイスペックや汎用性や応用性などを求めているユーザーにな る。 実際高いケースは売れないし、小さいマザーボードは売れない。

自作パソコンを行ったことが無い人は、ATXという自作パソコンでは標準的な、サイズの規格があるが、そのケ ースを見るとビックリする。 メーカー製パソコンでATXサイズのパソコンを出しているのはDELLくらいしか知らない。かなりごつくてでかい やつだ。 (ちなみにATXはマザーボードのフォームファクタ、実際はケースのサイズを現す場合は「ATXに対応しているケ ース」という事になります)

ちなみにかっこいいパソコンを作るというのであれば、ケース選びがかなり重要。実際中身なんていくらでも後 から変更は聞くし、 実は最近のパーツの性能はどれも良くて違いがわからないのが現状かもしれない。

おしゃれなケースは比較的MicroATXという形が多い。一般的なメーカー製デスクトップパソコンと呼ばれている ものが基本的にはこの形に属する。 そうなると実はマザーボードの選択の際に選択肢がグッと狭まる。なかなか難しいところ。 デザインが良くても、さすがに馬鹿でかいATXサイズのケースではリビングにも置きにくいしおしゃれじゃない 。

おしゃれに行くのであれば、多少制限がかかるが、MicroATX対応のケースがよいだろう。

ここ近年で、比較的デザインが良いケースを発売しているメーカーは「windy」と「ANTEC」「abee」だろう。 冷却性能が高いやつはうるさいし、無駄な赤い光や青い光は要らないし、無駄なスケルトンは要らない。 そして機能性がよさそうに見える見せ掛けもまずはリビングに不要なのでやはり選択肢は3メーカーになりそう だ。

ケースのタイプは、MicroATXならミドルタワーが良いと思います。タワー型ならメーカー製を選択したほうがよ いです。

おすすめケース

選択肢として古いメーカー製パソコンのケースを利用したり、デザインの良いメーカー製パソコンを利用したり というものもあります。 パソコンは比較的値崩れしやすいのでオークションで狙ってみるのもよいかもしれません。 かなり加工や気力が必要ですが、PowerMacG4などのケースを流用など。

パソコンケースの知っておくと良い用語と解説

知っていてもあまり語らない大人がかっこいいです

▲上部へ