ホームネットワークを考える「DLNA1.0とは」

トップページ > ホームネットワークを考える「DLNA1.0とは」

DLNAとはDigital Living Network Allianceの略で、要するにホームネットワークみたいなものになります。 デジタル機器の相互接続を実現するための仕様。

ホームネットワークの概念では、SONYでロケーションフリーとか、intelでviivで仕様を策定したり、徐々にパ ソコンというのが単なるインターネットが出来る機械だったり写真を整理する機械だったりという枠を超えてく るのではないだろうか。

DLNAの賛同企業は、日本のナショナルメーカーなどが含まれる、実際にプレイステーション3や、HDDレコーダー や液晶テレビなどが対応している。 今後、さらにホームネットワークは拡大していくのではないでしょうか。

実用例では、ハードディスクやパソコンに保存した映像ファイルや音楽ファイルにネットワークで接続して、例 えば液晶テレビなどで閲覧することが出来る。

ただし、映像ファイルが、特殊なエンコーダーでエンコードされている場合などは再生できない、その辺の規格 統一も早めにしないといけないが、WMAやWMVなどを用いれば多分将来的にも結構対応されるのではないだろうか 。

以前にも「ネットワークメディアプレーヤー」というパソコン周辺機器よりの製品は、少なからず発売されてい た。 パソコンとテレビを繋ぐ機械のようなもの。 それが共通規格として各メーカーが動いているといった感じだと思います。

さらにNAS(ネットワーク上の簡易ファイルサーバー)を用いることによって、家のどのパソコンからも、家の どのAV機器からもアクセスできデータを共有するというのが一般化するのは近いかもしれない。

DNLA関連サイト(外部サイト)

▲上部へ