余裕なハードディスク

トップページ > 余裕なハードディスク

メーカー製パソコンの場合、ハードディスク容量の増設が意外と難しい。選択肢としてはケース内に余裕があれ ば普通に増設できるのですが、デザインの制約上なかなか難しい場合が多い。また仮に入ったとしてもケースを 分解するのも一苦労の場合がある。

それと、OSの入れ替えが困難という大きな壁も立ちはだかる。容量を増やす手段は外付けHDDかNASを利用するく らいしか無いだろう。

自作の場合は、OSやドライバのインストールを自分でする、というか組み立てから自分で行うので好きなハード ディスクを選択できる。 今の主流は320GB〜500GBくらいだろう。2台くらいあるとほぼデータがいっぱいで困るということにはならない と思う。 録画機能をつけて、HDDレコーダーのようにして利用する場合は、もう少しほしいところ。その場合は、NASや外 付けHDDをつける方が効率が良い。

また知識が多少必要になるが、RAIDが比較的容易に組むことが出来る。デジタルデータが主流の時代、ハードデ ィスクがいつ昇天するかわからない。過去5年の写真データも一瞬で消えてくれるのがデジタルデータの怖いと ころではあります。

▲上部へ