ホームネットワークを考える「NASとは」

トップページ > ホームネットワークを考える「NASとは」

NAS(Network Attached Storage)とはネットワークに接続可能なファイルサーバー。システム構成上は外付け ハードディスクのような感じになります。

接続例は、ルーター等にLANケーブルでつなぎ、パソコンなどからネットワークドライブとして認識させます。 また複数のパソコンが家の中にある場合は、ルーターを通して同時にアクセスすることができ、ファイルの共有 に利用できます。

また基本的にはlinuxOSが搭載されていて、基本的なネットワークのサービスが動いていて、その中でファイル サーバーなどのプログラムが動いているという形になります。また最近は、DLNAやiTunesサーバーが内臓されて いるものが多く、ホームネットワークを構築する際の重要なストレージになるかと思います。

最近はRAID機能などが充実し、また容量も大きくなっています。一時のマザーコンピュータとクライアントのよ うに、パソコン側のデータ領域は少なめにして、データをすべてネットワーク上の共有ストレージに入れるとい う使い方になる日が近いのではないでしょうか。

デジタルデータ、飛ぶときは一瞬で飛んで世の中から消え去ります。今後はRAID搭載のハードウェアも充実して くるのではないでしょうか。
(それでも雷が家に当たればすべて飛んでいきますが、、)

▲上部へ