いまや枯れたOSの選択

トップページ > いまや枯れたOSの選択

2007年にWindows Vistaが発売されましたが、ソフトウェアの対応が遅れていたり、ビデオグラフィックの環境 が意外と厳しかったりとなっていて、意外と広まっていない感じ。

自作をする場合は、OEM版という販売店向けのOSを購入することが出来る。値段はそれなりに安くなっている。

OSに関しては、安定性を求め、WindowsXPのプロフェッショナルエディションを利用するのが良いと思います。

ドライバの対応は出来ているし、基本的にソフトウェアの対応は出来ている。windowsの機能もよく、ハードウ ェアにもきちんと対応しています。

それとメモリ容量が多い場合は、動作もサクサクです。 自作の際にはぜひWindowsXPを。

▲上部へ