静音へのこだわり

トップページ > 静音へのこだわり

最近はだいぶよくなったが、自作パソコンを行うと結構うるさい。性能がよいからしょうがないといえばしょう がないが、メーカー製パソコンは音は静かだし、ノートパソコンも音が静かである。

メーカー製の場合は、CPUを冷却するCPUクーラーなどが独自の設計だったり、内部の設計者がいてエアフローを 考えて効率的に冷やそうとしている。 そして電源設計も、内部の部品から最適な容量を選択しているとおもわれる。自作の場合はある程度許容を設け ておかないとちょっと怖いところがあったり。

自作パソコンの場合はなかなかその辺が難しいが解決策はいくつもある。

まずCPUクーラー(ヒートシンクとファン)。最近のCPUに付属しているクーラーはそれなりに性能は良いが、よ り冷えるヒートシンクと静かなファンに交換する。 これによりだいぶ雑音が改善されて、単純にメーカー製のクーラーと比較してもそれなりによい結果が得られる 。

次に電源。 ファンレスとまでは行かないが、自動ファンコントロールが搭載されていたり12cmなどの大型ファンが内臓され ていたりするものが最近多い。静音設計を謳っているものを採用するとよい。それと電源容量は大きすぎず小さ すぎずの物を採用する。

ケースファン ケースのファンは、エアフローさえきちんとしていればなるべく少なくした方がよい。 またケース選定の際からこの辺は考慮したほうがよく、12cmの大型ファンが搭載されているケースを選択すると 後ほど融通が利きます。

またケース内の温度を見ながらになるがファンコントローラーをつけて、ある程度の高負荷条件でもケース無い の温度がそれほど上がらない回転数を見つけるとだいぶ音が改善される。

ケース素材は、アルミと鉄のハイブリッドがおすすめ。 外部は装飾が容易なアルミ、内部は頑丈な鉄を採用したものがよいでしょう。ただサイドカバーがアルミだと振 動する場合があります。 サイドカバーの裏には静音マットなどを貼り付けます。

以上の事をするとだいぶ改善されます。 あとは耳を澄ましてどこが問題か、確認をしてそれに対して対処を施します。

▲上部へ